以下、このページ(愛犬の心身を守る運動とその効用)のメインコンテンツです。

愛犬との快適なくらしに役立つ情報コンテンツ「わんぷれ(わんわんぷれーす)」 愛犬との快適なくらしに役立つ情報コンテンツ「わんぷれ(わんわんぷれーす)」

愛犬の心身を守る運動とその効用

このエ?肇蝓爾呂討淵屮奪?沺璽?膨媛?

犬は飼い主と一緒に運動することが何よりも大好きです。

運動は健康を維持するだけでなく、社会性を身につけ、飼い主との絆を深めるためにも必要です。
愛犬の心身を守る運動とその効用とは?

運動の効用 なぜ愛犬にとって運動が必要なのか

運動は健康を維持するためだけに必要なものではありません。
犬にとって何ものにも代えられない生きがいであり、社会や飼い主との絆を深めて生活の質を高めます。

犬の最大の楽しみは飼い主との運動

犬の生涯の楽しみは「食事」「睡眠」「運動」といってもよく、犬が日々の生活で一番楽しみにしているのは食事だと思う人もいるかもしれませんが、食べるのはほんの一瞬で、平らげたらすぐに消えてしまいます。

一方、夜間一緒に寝るからよいと考えるかもしれませんが、睡眠中は飼い主との意思の疎通がないうえ、寝返りで追い出されることもあるのでしょう。

犬は飼い主と一緒に運動することを非常に楽しみにしている理由がここにあります。

食事も睡眠も一緒に運動することに比べれば、飼い主と過ごす楽しさの密度がまったく異なることがわかります。 
犬の寿命は平均10年から15年。その間に飼い主とともに楽しく運動できるのは1才?老犬の手前までのわずか7から8年間しかありません。
愛犬と一緒の楽しい思い出を作るためにも、時間を有効に使いたいものです。

運動することの効用

ここで言う運動とは、単に体を動かすだけでなく、しつけ、社会性を身につけること、毎日の適切な運動管理により、トータルで犬の健康増進を図ることを指しています。

心身を健康にする

屋外のさまざまな刺激(風、臭い、見るもの、聞くもの、足の裏の感触など)に五感すべてが刺激されるため、心身によい効果をもたらします。
適度な運動は、免疫力・持久力、犬の生活の質を向上させます。

社会性が身に付く

子犬の頃に社会化不足でも、散歩で社会と触れ合うことで、社会性が養われ、ストレスが軽減します。
マナーがいいと人からも愛され、精神的にも安定します。

飼い主との絆が深まる

日々の散歩で飼い主との信頼関係が深まり、犬は精神的に落ち着くため、健康でとても幸せになります。

問題行動の予防になる

不安感などが原因で生じる、吠える、かじる、飛びつくなどの興奮性の問題行動は、運動量を数倍に増やすことで軽減します。

このエ?肇蝓爾呂討淵屮奪?沺璽?膨媛?

ページの先頭へ戻る

以下、このサイト(JKC犬のひろば)のメインメニューです。
このページの先頭へ戻る

店舗を検索する

カテゴリ
エリア
キーワード
犬連れ

  • 犬のひろばとは
  • JKC入会のご案内
  • サービス店になるには
  • ご利用者アンケート回答
  • ご利用者の声を見る
  • 犬とおでかけヒント集
  • 愛犬検定にチャレンジ
  • わんぷれ

携帯サイト版はこちら

https://www.jkc-inu.com/modules/m/