以下、このページ(愛犬の運動量の目安を見極めるポイント)のメインコンテンツです。

愛犬との快適なくらしに役立つ情報コンテンツ「わんぷれ(わんわんぷれーす)」 愛犬との快適なくらしに役立つ情報コンテンツ「わんぷれ(わんわんぷれーす)」

愛犬の運動量の目安を見極めるポイント

このエ?肇蝓爾呂討淵屮奪?沺璽?膨媛?


愛犬の運動量の目安を見極めるにはサインを見落とさないことが肝心です。
日頃の管理も含めた愛犬の運動量の目安を見極めるポイントをご紹介します。

運動のコツ 愛犬と良い運動をするためには、日頃の管理が大切

犬は運動をすることが大好きですが、飼い主との絆を深める上でちょっとしたコツがあります。
犬をうまくコントロールして上手に運動させましょう。

体調を観察する

愛犬の様子がいつもと何か違う、この直感はとても大切です。
元気がないと感じたら、運動は控えて獣医師に相談しましょう。

体調管理のポイント

犬は基本的に痛みに我慢強く、病気になっても変化が現れにくく、体調不良でも散歩したがるので気づきにくい。
態度にでてからでは病状が進んでおり、取り返しのつかない病状に至ることがあるので十分注意する必要がある。

・急に疲れやすくなった
散歩中に座り込むなど元気がない時は、発熱で体がだるかったり、おなかが痛いことがある。

・歩き方がおかしい
靭帯などを痛めている可能性がある。直ちに運動をやめて獣医師に診てもらうことが大切。

・反応がいつもと違う
いつもは「散歩」の声で大喜びする犬の反応が鈍い時は獣医師に相談しよう。

・食欲がない
食べ残したことのない犬が、数日間食欲不振が続く時は獣医師に確認しよう。

開始と終了は飼い主が決める

散歩や遊ぶ時間は、犬の都合ではなく、飼い主の都合で行いましょう。
犬の要求を無条件に受け入れていると、犬に主導権を握られ、犬は飼い主との時間を楽しめなくなってしまいます。

犬の催促には「おすわり」などをさせてから要求を叶え、犬が疲れて飽きる前に「おしまい」と終わりにすることが大切です。

興奮させないこと

犬は興奮すると飼い主の指示に反応できなくなることがあります。この状態は避けなければなりません。
愛犬がどんな時に興奮するのか、常に犬の表情に注意を払いましょう。
興奮しそうになったらすぐ「おすわり」をさせて落ち着かせることができれば安心です。

また、子犬は特に飼い主が頃合いを見て休憩をとりながら運動させる配慮が必要です。

運動量の目安を見極める

適切な運動量の目安は、呼吸がハーハーする程度の運動をして帰宅した後、間もなく疲れて寝てしまうくらいが理想的です。

運動量が足りないと、犬は欲求不満からいつも催促し続けることになります。
無駄吠えや分離不安(飼い主が出かけた後、吠えたり、破壊するなど飼い主不在中に精神的に不安になること)などの問題行動がある場合は、今までの運動量を2倍、3倍と増やすことが大切です。

十分な運動で疲労感があれば問題行動は軽減します。


★犬のひろば「動物病院/獣医療」を参考にしてください。

https://www.jkc-inu.com/modules/shop/viewcat.php?service=a9

このエ?肇蝓爾呂討淵屮奪?沺璽?膨媛?

ページの先頭へ戻る

以下、このサイト(JKC犬のひろば)のメインメニューです。
このページの先頭へ戻る

店舗を検索する

カテゴリ
エリア
キーワード
犬連れ

  • 犬のひろばとは
  • JKC入会のご案内
  • サービス店になるには
  • ご利用者アンケート回答
  • ご利用者の声を見る
  • 犬とおでかけヒント集
  • 愛犬検定にチャレンジ
  • わんぷれ

携帯サイト版はこちら

https://www.jkc-inu.com/modules/m/