以下、このページ(犬の1日に必要な食事(エネルギー)量の計算方法)のメインコンテンツです。

愛犬との快適なくらしに役立つ情報コンテンツ「わんぷれ(わんわんぷれーす)」 愛犬との快適なくらしに役立つ情報コンテンツ「わんぷれ(わんわんぷれーす)」

犬の1日に必要な食事(エネルギー)量の計算方法

このエ?肇蝓爾呂討淵屮奪?沺璽?膨媛?

犬の1日に必要な食事量は飼い主が決める必要があります。
ドッグフードの箱に記してある量も目安にはなりますが、安静時エネルギー量は犬それぞれによって違います。
例えばよく運動をする犬とそうでない犬とでは1日の食事量も違います。
犬の1日に必要な食事(エネルギー)量の計算方法はどのようなものでしょうか。

愛犬が1日に必要なエネルギー量を求める

1日に必要なエネルギー量は、その犬のライフステージ(成長期や維持期などの段階)や体格、生活環境、運動強度、健康状態、季節などによって異なります。
その求め方にもさまざまな方法がありますが、ここでは「安静時エネルギー要求量」(RER※)に運動強度や生活環境、健康状態を数値に表した「係数」を掛けた「1日当たりのエネルギー要求量」(DER※)を求めます。
1日に必要なエネルギー量を把握することで、適正体重を維持するように心がけましょう。

※安静時エネルギー要求量
(RERとはResting Energy Requirementの略)
適度な温度下で、呼吸、食事、排泄をしているが、運動量が殆どない状態にあるときのエネルギー要求量のこと

※DERとはDaily Energy Requirementの略

愛犬が1日に必要なエネルギー要求量(DER)の求め方

【求め方】
1.まず愛犬の体重を量ります
2.愛犬の体重をもとに、「安静時エネルギー要求量」を求めます…A(表1参照)

3.愛犬の状態を表す「係数」を決めます…B(表2参照)

 



4.AとBから愛犬が1日に必要なエネルギー要求量 (DER) を求めます…C
安静時エネルギー要求量(A)×係数(B)=必要cal(C)

ドッグフードの1日の給与量を求める

次にドッグフードの給与量を計算しましょう。
ドッグフードは製品ごとに栄養構成やエネルギー量が異なるため例えば製品Aと製品Bとでは見た目が同じでも、栄養構成やカロリーが異なります。そのため、製品ごとに与える分量を計算する必要があります。
ドッグフードのパッケージには、「ME(代謝可能エネルギー)=〇〇cal/100g」といった表示がありますが、この数字をもとに給与量を算出します。
(「いつも与えているドッグフードで愛犬に必要な給与量を計算しましょう」を参照)

※なお、ドッグフードの給与ラベル表示には体重別の給与量が表示されていますが、これは一般的な条件で1日に必要なエネルギー量を算出しているもので、必ずしもその給与量が愛犬に適しているとは限りません。パッケージ表示どおりに与えても痩せたり太ったりすることがありますから、愛犬に適した給与量を算出し、必要量の目安を把握しましょう。

いつも与えているドッグフードで愛犬に必要な給与量を計算しましょう

愛犬に適した食事かどうかをチェックする方法

与えている食事が愛犬に適しているかどうかが気になるときは「糞便」の状態がバロメータになります。
食べ物の栄養分が体内で消化吸収されて残ったものが糞便ですから、消化吸収がよければ、糞便は程よい固さで量も多くはありません。
またその食べ物で栄養が十分に足りているかどうかは被毛の状態や元気度に現れますから、合わせてチェックする必要があります。
もし、次のような症状が続いている場合は、食べ物をうまく消化吸収できていない可能性があります。新しいフードに変更したら、問題がない限り、3カ月程度はようすを観察しましょう。

【チェックする項目】

□便の量が多い
□便が緩い、または下痢
□便が固く、ぼろぼろしている
□便の色が黄色い、黒い、白いなど
□被毛の艶が悪い
□どこといって悪いところはないが快活さに欠ける
□常に空腹のようす
□皮膚が弱い
□耳が臭い
 

 

動物病院・獣医療に関しては、
https://www.jkc-inu.com/modules/shop/viewcat.php?service=a9

 

このエ?肇蝓爾呂討淵屮奪?沺璽?膨媛?

ページの先頭へ戻る

以下、このサイト(JKC犬のひろば)のメインメニューです。
このページの先頭へ戻る

店舗を検索する

カテゴリ
エリア
キーワード
犬連れ

  • 犬のひろばとは
  • JKC入会のご案内
  • ご利用者の声を見る
  • 愛犬検定にチャレンジ
  • わんぷれ

携帯サイト版はこちら

https://www.jkc-inu.com/modules/m/