以下、このページ(犬の散歩に適した気温・時間帯とは)のメインコンテンツです。

愛犬との快適なくらしに役立つ情報コンテンツ「わんぷれ(わんわんぷれーす)」 愛犬との快適なくらしに役立つ情報コンテンツ「わんぷれ(わんわんぷれーす)」

犬の散歩に適した気温・時間帯とは

このエ?肇蝓爾呂討淵屮奪?沺璽?膨媛?

最近では温暖化の影響でしょうか、夏場の大変な暑さ、豪雨、大雪などの異常気象が目立つようになってきました。
こうした天候が続くと、犬をいつ散歩させたらよいか悩む方も多いでしょう。
飼い主が犬の散歩に適した気温や時間帯を知っておけば、愛犬に過度に無理をさせることも少なくなります。

 

春や秋 散歩に非常に適した季節

 

春や秋は気温も穏やかで、人も過ごしやすい季節ですね。それは犬も同じです。
犬の散歩をする際に一番注意しなければならないことは、地面の温度と湿度です。
地面が熱いと肉球を火傷するだけではなく、人よりも体高の低い犬は、地面の熱の影響を
まともに受けてしまい、口呼吸だけでは体温を下げることができず、熱中症になる危険性があるのです。
小型の犬では、さらに危険性は高くなります。

春や秋は比較的散歩に適した季節といえますが、直射日光があたる場合には、かなり気温が上昇します。太陽光下での散歩では日陰を選んで歩くよう注意しましょう。
車で移動する場合には、駐車中の車内に犬を残しておくことは避けたほうが安全でしょう。
また、気温と湿度の両方が高いと、犬はハァッハァッと口で浅い呼吸を繰り返して体温を下げようとしますが、湿度が高いと体に熱がこもって熱中症になる危険があります。
気温が25℃を上回ってきたり、蒸し暑いと感じる日には、愛犬の様子に注意を払いましょう。

 

夏の散歩には注意が必要

 

一年の中で一番注意が必要なのが夏です。
暑さが天敵の犬にとって、地面(特にアスファルト)の熱さは命取りになります。
夏の時期は夕方になっても日中に暖められた地面が高熱を持っていることもあるので、陽が上がってしまう前の午前中の早い時間の散歩が望ましいでしょう。

夕方の気温が25℃以下になり、人が過ごしやすくなっても油断は禁物です。
人は靴を履いているため気付きにくいですが、地面から出る熱で、犬は大きなダメージを受けてしまうことがあるのです。

 

冬は凍傷に注意

 

夏と逆で冬は低温に注意が必要です。
犬は靴を履いていないので、地面が凍り付いているような時間帯や気温の時に散歩をさせてしまうと、凍傷の危険性があります。
そのため、日中の陽が出ている温かい時間帯の散歩が望ましいでしょう。

また、室内で飼っている犬の場合、外の気温に慣れていないため過度な温度差は体に良くありません。
すぐに外に出さず、玄関などで少し寒さに慣らすように動いたりして準備運動をしてから外に出るとよいでしょう。

散歩の時間帯や気温についてよく考えてあげれば、愛犬の安全や体調を守ることができます。
少し早起きをしたり、行き先を変更したりして、最適な気温になる時間や場所に出かけるように、いろいろ工夫しましょう。愛犬の健康管理のため、どうすれば一番良いのかを考えてみてください。

ドッグランを「JKC犬のひろば」から探すことができます。

このエ?肇蝓爾呂討淵屮奪?沺璽?膨媛?

ページの先頭へ戻る

以下、このサイト(JKC犬のひろば)のメインメニューです。
このページの先頭へ戻る

店舗を検索する

カテゴリ
エリア
キーワード
犬連れ

  • 犬のひろばとは
  • JKC入会のご案内
  • サービス店になるには
  • ご利用者アンケート回答
  • ご利用者の声を見る
  • 犬とおでかけヒント集
  • 愛犬検定にチャレンジ
  • わんぷれ

携帯サイト版はこちら

https://www.jkc-inu.com/modules/m/