以下、このページ(冬に高齢犬を散歩させるときの注意事項)のメインコンテンツです。

愛犬との快適なくらしに役立つ情報コンテンツ「わんぷれ(わんわんぷれーす)」 愛犬との快適なくらしに役立つ情報コンテンツ「わんぷれ(わんわんぷれーす)」

冬に高齢犬を散歩させるときの注意事項

このエ?肇蝓爾呂討淵屮奪?沺璽?膨媛?

冬の厳しい寒さの中、外に出るのは億劫になります。
できれば部屋の暖かい場所でのんびり過ごしていたいという方が多いのではないでしょうか。

しかし犬にとって散歩は運動にもなり、肥満防止や健康維持のためにかかせないものです。
また、外に出て他の人間や犬と触れ合ったり、四季を感じることが気分転換になりストレス発散にもなります。
社会性を身につけることもできるので、家に閉じ込めてばかりではなく、
寒い時期でもできるだけ外に出してあげましょう。

 

寒い時期の散歩は注意が必要

 

しかし、寒い時期の散歩にはいくつか注意点があります。
寒さによって症状や炎症が悪化する病気もあります。
持病を持っている犬や、老犬は特に注意が必要です。

関節炎を患っている犬なら、冬は特にいつもより痛みを感じ易くなります。
寒くなる前に一度検診を受けてみることをお勧めします。

 

寒さ対策をしっかりして散歩へ行こう

 

年を取ってくると体の脂肪が減り、寒さに弱くなります。
また、普段室内で飼われている犬は寒さに慣れていません。
そうした犬をいきなり寒いところへ連れて行くと体がびっくりしてしまい、体調を崩す場合があります。

犬は毛で覆われているので寒さには強いと思われますが、暖房のきいた室内で暮らしている犬は、人間と同じように寒さを感じます。
散歩へ出掛けるとき、いきなり外の寒いところへ出すのではなく、まず廊下や玄関などの気温の低いところで慣れさせてから外へ出すようにしましょう。

また、犬用の洋服を着せてあげることもお勧めです。
しかし、普段から洋服を着慣れていないと嫌がる犬も多いので、日頃から洋服を着せて慣れさせてあげましょう。

雪の上を歩かせる時には、犬用のブーツが活躍します。
冷たさから足の裏を守るのはもちろんですが、凍結防止剤などから足の裏を守る役目も果たします。


このように冬に高齢犬を散歩させるには、人間と同じように寒さ対策が必要ということが分かるかと思います。
冬でも、お天気の良い暖かい時間を見つけて散歩するようにしましょう。
少しでも犬の負担を減らしてあげて、楽しい散歩の時間にしましょう。

ドッグランを「JKC犬のひろば」から探すことができます。

このエ?肇蝓爾呂討淵屮奪?沺璽?膨媛?

ページの先頭へ戻る

以下、このサイト(JKC犬のひろば)のメインメニューです。
このページの先頭へ戻る

店舗を検索する

カテゴリ
エリア
キーワード
犬連れ

  • 犬のひろばとは
  • JKC入会のご案内
  • サービス店になるには
  • ご利用者アンケート回答
  • ご利用者の声を見る
  • 犬とおでかけヒント集
  • 愛犬検定にチャレンジ
  • わんぷれ

携帯サイト版はこちら

https://www.jkc-inu.com/modules/m/