以下、このページ(犬の嗅覚はなぜすごい?その鼻の構造とは)のメインコンテンツです。

愛犬との快適なくらしに役立つ情報コンテンツ「わんぷれ(わんわんぷれーす)」 愛犬との快適なくらしに役立つ情報コンテンツ「わんぷれ(わんわんぷれーす)」

犬の嗅覚はなぜすごい?その鼻の構造とは

このエ?肇蝓爾呂討淵屮奪?沺璽?膨媛?

ヒトよりも発達している犬の嗅覚。
その構造は一体どのようになっているのでしょうか。

犬の五感 その秘密を探る

愛する家族の一員とはいえ、やっぱり犬とヒトとは別の動物。
その五感にも違いがあります。
はたして彼らは五感を使って何かを感じ、何を察しているのでしょうか。

また、優秀なことで知られる嗅覚以外に、視覚や聴覚などの能力はどうなのでしょうか。

飼い主を識別するために磨かれた最強の感覚

犬の五感の中で、最も高い能力があると科学的に証明されているのが嗅覚。

犯人を追跡する「警察犬」、麻薬の密輸を発見する「麻薬探知犬」、海外から持ち込まれる荷物の中から畜産物(肉、ハム、ソーセージなど)を見つけ出す「検疫探知犬」など、犬たちがこんなにも人間社会の中で活躍できるのは、犬が他の動物よりも訓練性が高いことに加えて、類まれな嗅覚の持ち主だからです。

ネコやオオカミ、その他の野生動物もヒトよりは嗅覚が優れていますが、それでも犬の10分の1程度にしかすぎません。
なぜ、犬の嗅覚はほかの動物に比べてここまで発達したのかというと、おそらく犬は、ヒトを認識し、区別するために嗅覚を進化させた、などの説もあります。

犬の鼻、その構造と能力

嗅覚の感度は、犬の鼻の内部(鼻腔)の構造に基づいています。
ヒトと比較してニオイを受け取る部分(嗅上皮)の面積が広く、細胞(嗅細胞)の数ははるかに多くなっています。

そのうえ嗅細胞をとりまく血管系も特別によく発達しているため、犬はヒトに比べて何千倍、何万倍、さらにニオイの化学成分によってはそれ以上の能力を発揮することができるのです。

鼻を使うことは楽しい仕事

犬は嗅覚がとても優れているだけに、いつもその能力を使いたいと思っています。
なぜなら、それは知恵や記憶を駆使する「知的で楽しい作業」だからです。

犬にとって鼻を使うことは、人間がテレビを見たり、本を読んだりするのと同じように、好奇心や探求心を満たす楽しい行為なのでしょう。

鼻の中はとても複雑

ヒトの嗅上皮の面積が切手1枚分(3~4平方センチメートル)であるのに対し、犬はハガキ1枚分(18~150平方センチメートル)ほど。
そして、ヒトの嗅細胞の数が4000万であるのに対し、犬は10億程度だと言われています。

ニオイの粒子に鼻腔に入って嗅上皮に届くと、粘膜に溶けて線毛に到達します。
そこで電気信号に変換されたニオイの情報は嗅細胞から嗅神経を通じて脳へと運ばれ記憶されるのです。


愛犬の身体の詳しいことは、
犬のひろば 動物病院/獣医療

https://www.jkc-inu.com/modules/shop/viewcat.php?service=a9

このエ?肇蝓爾呂討淵屮奪?沺璽?膨媛?

ページの先頭へ戻る

以下、このサイト(JKC犬のひろば)のメインメニューです。
このページの先頭へ戻る

店舗を検索する

カテゴリ
エリア
キーワード
犬連れ

  • 犬のひろばとは
  • JKC入会のご案内
  • サービス店になるには
  • ご利用者アンケート回答
  • ご利用者の声を見る
  • 犬とおでかけヒント集
  • 愛犬検定にチャレンジ
  • わんぷれ

携帯サイト版はこちら

https://www.jkc-inu.com/modules/m/