以下、このページ(犬には味がわかるのか? 味蕾の数ってどのぐらい?)のメインコンテンツです。

愛犬との快適なくらしに役立つ情報コンテンツ「わんぷれ(わんわんぷれーす)」 愛犬との快適なくらしに役立つ情報コンテンツ「わんぷれ(わんわんぷれーす)」

犬には味がわかるのか? 味蕾の数ってどのぐらい?

このエ?肇蝓爾呂討淵屮奪?沺璽?膨媛?


おやつやごはんを喜んで食べる愛犬の姿はほほえましいものですが、犬は味がわかるのでしょうか?
 味蕾の数も含め、犬の味覚についてみてみましょう。

味覚 味わう

実は甘党!「甘いアミノ酸」が大好物

私たちにとって、美味しいものを感じ取る能力は、人生を豊かにするための大切な感覚ですが、犬や動物にとっては生命の維持に欠かせない非常に重要な感覚です。味覚は、舌の表面にあるつぼみの形をした味蕾と呼ばれる部分でキャッチされます。

「甘い」「酸っぱい」「塩辛い」「苦い」と4つの味覚がありますが、犬に苦みを感じ取る受容器はないと言われています。

この4つの味覚の中でいちばん味蕾の数が多いのは、甘味に対するものです。
そのため、犬は甘い物を好み、同じ白い粉である砂糖・塩・小麦粉を並べた場合は真っ先に砂糖を食べるはずですが、それ以上に好きなものは「甘いアミノ酸」だと言われています。

ちなみに、甘味の次に多くあるのは、腐りかけの肉などに含まれる酸に対する受容器です。

犬はグルメというより大食い派

食欲と味覚は別物です。

食欲には脳に関係ある「接触 摂食中枢」と「満腹中枢」が関係していますが、犬は「満腹中枢」の働きがヒトほどよくないので、胃がいっぱいになっても食べ続けてしまいます。

そのため「美味しいからたくさん食べる」とは言いきれないのです。
中にはより美味しい贅沢なものを好む犬もいますが、この場合は習慣によって美味しいもの(味の濃いものや甘いアミノ酸を含む嗜好性の高いもの)を得る術を覚えたためだと考えられます。

ただし、日本犬など野性味を残した(オオカミに近い)犬種は、ネコやオオカミ同様に食べ物に繊細だと言われています。
雑食に近い洋犬のほうが味覚がアバウトなのかもしれません。

面積より味蕾数で決まる

味蕾の数が多いほど、その味に敏感だと考えられています。
「甘味」「酸味」「塩(辛)味」の3つの味を感じる部分は異なり、甘味は酸味よりも感じ取る面積が狭く、味蕾の数が多くあります。

ちなみに、犬の味蕾の数は1700あまりなのに対し、ヒトは9000ほどあると言われています。

犬の味覚 Q&A

Q 長い舌は味覚に関係あるの?

A.発汗を促す役目があります
犬の下は味覚を感じやすくするために長くなっているのでは?と思っている方もいるかもしれませんが、決してそうではありません。
犬の舌が長いのは、あくまでも発汗作用を効率よく促すためのもの。
味覚とは関係ありません。

愛犬の身体について詳しいことは、
犬のひろば 動物病院/獣医療を参考にしてください。

https://www.jkc-inu.com/modules/shop/viewcat.php?service=a9
このエ?肇蝓爾呂討淵屮奪?沺璽?膨媛?

ページの先頭へ戻る

以下、このサイト(JKC犬のひろば)のメインメニューです。
このページの先頭へ戻る

店舗を検索する

カテゴリ
エリア
キーワード
犬連れ

  • 犬のひろばとは
  • JKC入会のご案内
  • サービス店になるには
  • ご利用者アンケート回答
  • ご利用者の声を見る
  • 犬とおでかけヒント集
  • 愛犬検定にチャレンジ
  • わんぷれ

携帯サイト版はこちら

https://www.jkc-inu.com/modules/m/