以下、このページ(犬の身体構造とその名称)のメインコンテンツです。

愛犬との快適なくらしに役立つ情報コンテンツ「わんぷれ(わんわんぷれーす)」 愛犬との快適なくらしに役立つ情報コンテンツ「わんぷれ(わんわんぷれーす)」

犬の身体構造とその名称

このエ?肇蝓爾呂討淵屮奪?沺璽?膨媛?


犬の身体構造はオオカミから受け継いだ高い運動能力を持っています。
人は昔から、犬のハンターとしての本能や運動能力を上手に生かして暮らしてきました。
今回は犬の身体構造やその名称について見てゆきましょう。

【犬体学】

愛犬の体の構造を学ぶ

犬は犬種によって、体の大きさや体型、性質、行動パターンなどが異なります。
さまざまな犬種がいますが、どんな犬でも高い運動能力を持っています。

高度な犬の能力

犬はオオカミから受け継いだ高い運動能力やハンターとしての本能を生かして狩猟犬や牧羊犬として活用されてきましたが、人間の役に立つ能力をさらに強化して多くの犬種が登場しました。

現在、犬の多くは使役犬からコンパニオンドッグへとその役割が大きく変化してきています。
しかし彼らの体や本能は今でも本来の”役割”を求めて、エネルギーを持て余しているのに、それを満たすことは難しくなってきています。

そこで、飼い主がしつけや運動を工夫して、それに替わる満足感をあたえることが必要になってきているのです。

犬の体から見る運動能力

犬の体のそれぞれの部位をよく見てみると、その運動能力の高さがうかがえます。

前肢(ぜんし)

犬には鎖骨(さこつ)がなく、肩甲骨(けんこうこつ)が体の側面に上下の縦方向についています。
そのため前肢は左右に動かすことがほとんどできませんが、前後にしか動かない構造は速く走ることに適しています。

後肢(こうし)

かかとではなく、つま先だけで歩いたり走ったりするため、機敏で長距離を走行しても疲れにくくなっています。

肉球と爪

肉球は足のクッションの役割をしており、指の爪は地面をしっかりとつかんで早く走るのに役立ちます。

筋肉

骨格筋は筋線維が収縮することで力を発揮しますが、収縮速度の遅い赤筋(遅筋)と収束速度の速い白筋(速筋)のバランスが良いため、瞬発力と持久力の両方を備えており、長時間走ることが可能です。

呼吸器

ほかの同じ大きさの動物よりも最大酸素摂取量が高いため、効率的なエネルギー代謝が可能で、疲れにくくなっています。

心臓

犬の体重比心臓重量はほかの動物よりも大きい。
心臓は心筋と呼ばれる特殊な筋肉からなっており、心臓が重いほど心筋が発達していて血液を送るポンプ機能が高いことを示しています。

骨格・筋肉

足はつま先だけで着地し、肉球はクッションの役目をする。
爪は地面をつかみやすく疲れにくい。
骨格金は収縮速度の遅い赤筋(遅筋)と収縮速度の速い白筋(速筋)のバランスが良いため、瞬発力と持久力の両方を備えている。
また犬の背骨は丈夫で長距離走に向いている。

循環器・呼吸器系

犬はミトコンドリアの働きが活発なため、効率的なエネルギー代謝が可能で、持久力があり疲れにくい。
心肺機能では、体重比心臓重量がほかの動物よりも大きく、最大酸素摂取量が高い。
心筋がよく発達し、血液を送るポンプ機能が優れている。
とくに、競争犬として最速の犬種グレーハウンドは、血液中の赤血球数が他の犬種に比べてはるかに多い。


★犬のひろば 動物病院/獣医療
https://www.jkc-inu.com/modules/shop/viewcat.php?service=a9

このエ?肇蝓爾呂討淵屮奪?沺璽?膨媛?

ページの先頭へ戻る

以下、このサイト(JKC犬のひろば)のメインメニューです。
このページの先頭へ戻る

店舗を検索する

カテゴリ
エリア
キーワード
犬連れ

  • 犬のひろばとは
  • JKC入会のご案内
  • サービス店になるには
  • ご利用者アンケート回答
  • ご利用者の声を見る
  • 犬とおでかけヒント集
  • 愛犬検定にチャレンジ
  • わんぷれ

携帯サイト版はこちら

https://www.jkc-inu.com/modules/m/