以下、このページ(犬のスポーツにはどんな種類がある?)のメインコンテンツです。

愛犬との快適なくらしに役立つ情報コンテンツ「わんぷれ(わんわんぷれーす)」 愛犬との快適なくらしに役立つ情報コンテンツ「わんぷれ(わんわんぷれーす)」

犬のスポーツにはどんな種類がある?

このエ?肇蝓爾呂討淵屮奪?沺璽?膨媛?


犬と一緒に遊ぶのは散歩だけではありません。
「アジリティー」や「フライボール」など、健康にも良いとされている犬のスポーツも存在します。

究極の楽しさ、「アジリティー」と「フライボール」を始めよう!

アジリティーとフライボールは、飼い主が一緒に楽しめる究極のドッグスポーツ、スピードや技を競いながら、どんな犬種でも楽しむことができます。

飼い主にもけっこうハードなアジリティー

アジリティー競技は、馬の障害飛越競技の犬版です。
ハードル、トンネル、シーソーなどの障害物が複雑なコース上に置かれており、競技会では、いかに早くミスなく正確にクリアできるかを競います。

1~3度の難易度レベルがあり、犬の大きさに合わせて障害物の高さも3段階あります。


基本的に、ジャンプやターン、くぐるといった動きが得意な犬に向いていますが、どんな犬でも楽しめるのが魅力です。
まずは、各地で開催される競技会でその楽しさを間近で見てみましょう。
そのスピード、技、生き生きした犬の姿の虜になるはずです。

エキサイティングなスポーツ フライボール

フライボールは、直線のレーンに、4つのハードルと、ペダルを踏むとボールが飛び出すがあり、ハードルを飛び越してボックスを操作し、ボールをくわえてまたハードルを飛び越して戻ってくるまでの時間を競います。

犬のサイズによってハードルの高さが変えられ、個人競技とチーム競技があります。
個人競技は、2レーンを使って2頭が同時にスタートしてタイムを競い、チーム競技はリレー形式で行います。

ボールが好きで、走ったりジャンプしたりするのが得意なら、どんな犬でも楽しめるでしょう。
フライボール競技会に参加し、その興奮を味わってみてください。

ドッグスポーツを始めよう

ドッグスポーツを始めるときは、運動しても体に問題がないか、愛犬も飼い主さんもともに健康診断を受けて確認しましょう。

また、自己流で始めるとケガをすることもあるため、指導できる訓練士のもとで練習することをお勧めします。
基礎をきちんと学べば、練習のやりかたもわかり、競技会に参加する自信もつくでしょう。


JKCホームページをチェック!!

●競技イベントスケジュール
https://www.jkc.or.jp/modules/event-schedule/

●本会公認訓練所一覧
アジリティーやフライボールの練習場所は、下記のジャパンケネルクラブ公認訓練所一覧から、アジリティーとフライボール設備のある訓練所にご相談ください。
https://www.jkc.or.jp/modules/licenses/index.php?content_id=13

■アジリティーについては、こちらをご覧ください。
https://www.jkc.or.jp/modules/events/index.php?content_id=419

このエ?肇蝓爾呂討淵屮奪?沺璽?膨媛?

ページの先頭へ戻る

以下、このサイト(JKC犬のひろば)のメインメニューです。
このページの先頭へ戻る

店舗を検索する

カテゴリ
エリア
キーワード
犬連れ

  • 犬のひろばとは
  • JKC入会のご案内
  • サービス店になるには
  • ご利用者アンケート回答
  • ご利用者の声を見る
  • 犬とおでかけヒント集
  • 愛犬検定にチャレンジ
  • わんぷれ

携帯サイト版はこちら

https://www.jkc-inu.com/modules/m/